スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアな音楽の時間

2010年
            
二部は世界最古の電子楽器テルミンの演奏です!
テルミンはロシアのレフ・テルミンによって発明されました。
その仕組みも音色も説明が難しいのですが、
手を近づけたり離したりするだけで音の鳴る不思議な楽器。
(詳しく知りたい方は→コチラ参照)
今回はロシア民謡トランスmixな曲を聴かせていただきました。   
  
ロシアの民芸品として有名なマトリョーシュカにテルミンを仕込んだ
マトリョミンが知られていますが、写真左はマトリョミンならぬ
マトリョーカンミン!!(玉島は良寛さんに縁のある土地ですから・・・)
今回演奏してくださったアーティスト越宗泰昭さんお手製で
ちゃんと音も鳴ります。マトリョーカンミン・・・大人気でした。

会場の雰囲気を盛り上げていたロシア雑貨の数々。
マトリョーシュカが愛らしい。ん?欲しい。
お茶で温まり、音楽で楽しんだロシアな日曜日。楽しかった?♪
関連記事
 お茶で世界一周 その六 ロシアの巻 | Home | ロシアなお茶の時間

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。