スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフブログ―M7”大美震”

2010年
始まりました、展覧会。

あ、ちなみに今回のタイトル『M7”大美震”』は
7人のMember、7人のMuseという意味だそうです。
またMagnitude7とも読むことが出来、
「作品は感動の琴線に振動を与える”美”の震源地」
と案内のDMに書かれています。
確かに振動という言葉がぴったりだと思う作品の数々です。

先日の告知で載せた土佐犬のようにまわしを締めた犬の作品は
「あひ思わで 離れぬる人を とどめかね」野々垣留璃子さん。
そして今日紹介しますのは(画像はギャラリHPから)
「六畳間」麻生知子さん。

こうして平面で見るのとギャラリにあるのとでは
全然違う印象を受けたものの一つがこの六畳間でした。
それから「アメのプール」武内明子さん。

この方の作られているインスタレーションのような橋の作品も
現場でしか感じらないものがあると思う。。。
いつもは具体的にどの作品と言ってみたりはしないのですが
今回は少々突っ込んでご紹介してみています。
個人的な思いであり、ギャラリの考えや方針ではございません。
スタッフブログとしてご了承いただきたく存じます。
実物を是非ご高覧くださいませ。


明日はこのお2人による絵はがきワークショップです。
メンバーほとんどが東京造形大学の彫刻科卒の中、
このお2人は絵画科の方。”ワタリドリ計画”というユニットで
日本全国2人展をして回っているそう。
(サイトに玉島編の作品が更新されています!)
私は記録写真の撮影で同行。楽しみです♪
お天気だけが心配・・・
関連記事
絵はがきワークショップ | Home | 美術とキュレーション、その仕事

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。