スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回特別企画展-ビタミン”美”

2011年
彫刻家三木俊治 遊美工房第7回特別企画展
ビタミン”美”
2011年7月2日(土)-11日(月)
10:00-17:00 会期中無休

道具はサルも使うが、サルにアートはありません。
サル+アート=ヒトの公式で表すことができます。
ヒトーアート=サルにならぬよう「ビタミン"美"」
はヒトがヒトであるための栄養素です。(三木俊治)



今回は世界的に著名な彫刻家舟越桂氏の新作
「行列から離れて・・・、/Away from processions」
を特別出品していただきます。
20数年ぶりに取り組まれたと言うブロンズ像を是非ご高覧ください。

【会期中関連イベント】
・7月2日(土)17:00-作家トーク(出品作家による作品の解説など)
       18:00-交流会
       ※参加無料です。興味のある方どなたでもご参加ください。

・7月3日(日)ワークショップ「水に絵を描いて七夕飾りにしよう!」
       13:30-(3時間程度)
       参加費1,000円
       
IMG.jpgワークショップ詳細及び申込書

↓出品作家紹介は続きを読むをクリック
【出品作家】
akaishi.jpg■赤石貴洋 AKAISHI,Takahiro(1987群馬県生まれ)

 2007 「アカイシタカヒロ展」/東京
 2009 「Parallel world 2009」/東京
 2011 「メタ少年展」/東京
 現在 東京造形大学大学院在学中
 

趣味や遊びの中で気づいたことが
発想のエネルギーとなって制作を続けている。
このごろは人間世界を超越した不思議な謎めいた
要素を含んだ作品が次々と生まれている。









kobayashi.jpg■小林則之 KOBAYASHI,Noriyuki(1985栃木県生まれ)
 
2009 「4コマ展」ギャラリーKINGYO/東京
 2010 東京造形大学卒業制作展<ZOKEI賞>受賞
    東京造形大学(彫刻)卒業
 2010 武蔵野美術大学大学院(彫刻)在学中

遊美工房で私の作品を通して
多くの人たちと交流しながら私自身も大きく
成長できるような良い展覧会にしたいと
願っています。








saito.jpg■齋藤藍 SAITO,Ai(1985埼玉県生まれ)
 2009 東京造形大学(彫刻)卒業
 2009 「run 3」松本市美術館/長野
 2010 「しるし、セカイ、さく。」Gallery Pirka/東京
    「on the worlds」千住宿歴史プチテラス/東京
    「pictorial exhibition vol.6」gallery CLASS/奈良
    「Unknownpossibility03」新宿眼科画廊/東京
    「LEMON」みなとみらいギャラリー/神奈川
    「M ART SUMOTO」松本市美術館/長野
     Art-Link 上野-谷中2010アートコンペ<奨励賞>
                   ギャラリー空/東京
 2011 「ACT アート大賞展 2011-」
          アートコンプレックス・センター/東京

何でもあり過ぎちゃってあふれちゃってて、いつもいつも容量オーバー。せっせと消去しなきゃ間に合わなくて、感じることの感覚も忘れちゃう。重なっていく毎日に慣れきって、感覚が薄れていることすら気づかない。麻痺しちゃったものを取りもどし、感覚を鮮明にする展覧会になぁーれ。




meno.jpg■茅野杏里 CHINO,Anri(1985東京生まれ)

 2008 第72回新制作展<入選>国立新美術館
 2009 「FETISH」SPACE ANNEX/東京
 2010 「from in-from:biomimicry展」/東京
 現在 東京造形大学大学院在学中

物語の中から出現したような、
可愛くて、そして不思議な世界を制作しています。
多くの人々に希望を持ってもらえるような展示をしたいです。










tsuchiya.jpg■土屋祐二 TSUCHIYA,Yuji(1984東京生まれ)

 2007 「ロッカールーム」成増アートギャラリー/東京
    「六人展」terrace gallery cafe/東京
    「早田憲康+土屋祐二 彫刻二人展」八王子東急スクエア/東京 
 2009 「synchronicity」SAKuRA GALLERY/東京
    「彫刻の五・七・五 2009」沖縄県立芸術大学
 2011 東京造形大学大学院修了
    広島市立大学大学院博士後期課程在学中

彫刻特有の型どり技法などに着目して制作している。
想像が形になるまでに素材と技法の関係から
目の前でいくつもの変化が起こる。
そこから生まれる独自のイメージを作品化していく。








mizushima.jpg■水嶋裕一 MIZUSHIMA,Yuichi

 2009 東京造形大学卒業制作展<ZOKEI賞>受賞
    東京造形大学(彫刻)卒業
 2010 「しるし、セカイ、さく。」Gallery Pirka/東京
    「M ART SUMOTO」松本市美術館/長野
 2010 東京造形大学大学院修了







今という時代と向き合いたい。それが数十年後の基準には合わないかもしれない。
だが自分がこの時代にどう対峙していたのかは残しておきたい。



yamakawa.jpg■山川雄大 YAMAKAWA,Takahiro(1988静岡県生まれ)

 2009 「DAPPI展」ギャラリーほさか/静岡
 2010 「DAPPI展」ギャラリーほさか/静岡
 2011 東京造形大学(彫刻)卒業

高校生時代に自主映画制作チーム"3Y"結成。その後メンバー全員が美大に進学。主にコミカルな内容の動画を発表し続けを中心に常時30作品以上UPしています。遊美工房には動画と彫刻のコラボレーション作品で登場します。皆さんの笑いが私の制作のエネルギーです。









【特別出品作家】
hunakoshi.jpg■舟越桂 FUNAKOSHI,Katsura(1954岩手県生まれ)

 1975 東京造形大学(彫刻)卒業
 1976 東京芸術大学大学院(彫刻)修了
 1988 ヴェネツィア・ビエンナーレ出品
 1989 ドクメンタⅨ(ドイツ カッセル)出品
 1992 サンパウロ・ビエンナーレ出品
 1997 平櫛田中賞受賞
 2003 東京都現代美術館で個展(日本巡回)。中原悌二郎賞受賞
 2005 バルラッハ美術館(ハンブルグ)で個展
 2009 芸術選奨文部科学大臣賞受賞。毎日芸術賞受賞
 現在 東京造形大学客員教授








いつもの木彫ではなく今回はMをモデルにしたブロンズ像そ出品します。
粘土で造りブロンズで仕上げたのは20数年ぶりです。ブロンズにしてからもタガネとヤスリ
でかなり仕事をしました。タイトルは「行列から離れて・・・、」(Away from processions)
としました。行列から距離を保ちながら、行列をよく見て、それを形にする人という意味です。

関連記事

テーマ: 展示会、イベントの情報 | ジャンル: 学問・文化・芸術

「玉島」写真コンテスト巡回中 | Home | 高橋秀全版画-疾走する画家、81歳

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。