スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田三郎「出石町の家」

作家関連
P5294850.jpg
 5月の『菓子百花』にも作品を出品してくださった
 太田三郎さんの展覧会が岡山市で開催中です。
 
 
 アートスペース油亀企画展
 太田三郎「出石町の家」
    −戦後66年岡山空襲に寄せて−
 2011年8月1日(月)~15日(月)※木曜休廊

 
 
 

 
 ←左写真は『菓子百花』の時に出品された作品の一つ。





そしてデザインしてくださった和菓子がコチラ。
P5294855.jpg
9㎝×5㎝×5㎝・・・写真は実物より若干大きめですが、
手に取ったときの迫力はこれ以上です。
「3人で1つを分けて丁度いいくらい」と言うお客さまも。



小豆の「命」をいただく菓子

私たちは、動植物の「命」をいただいて生きています。
菓子を前にしたとき、その意匠が華美であればなおのこと、
素材となった植物の「命」について忘れがちです。
そこで、食材の「命」と対峙する菓子を提案します。
いうなれば、小豆餡でつくった巨大な小豆。
畏怖の念を感じるような菓子です。

太田三郎


(公式ブックレット『菓子百花 其の弐』より)

関連記事
第2回 K氏のリビング展 | Home | 近所の祭り、納涼花火

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。