スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひいな遊美展

2010年
                    ひいな遊美展

               

             倉敷 玉島 遊美工房で 『ひいなあそび』

「ひいな遊美(あそび)展では、いろいろなお雛様、貝合わせ(兒玉もえみ作)、玉島で作られている手鞠、吊るし飾りなどの展示を中心に、22日(日)には後楽園の貝合わせを楽しむ会のみなさんにお越しいただき、貝合わせ(時実月夜作)を楽しんでいただくワークショップも開催致します。昔お雛祭りに作られた雛あられも作ります。期間中は貝合わせも雛あられ作りも楽しんでいただけます。

第2回ひいな遊美(あそび)展ワークショップ
平安時代の終わり頃から行われていた、優雅な遊び
『貝合わせ』を楽しもう!
一対の貝の内側には同じ絵が描かれています。そして対の貝の外側の色模様は必ず同じです。貝桶から取り出して、毛氈の上に伏せて並べてあるある貝の中から、外側の色や模様が同じ貝を探します。探し当てると袖の下で二つを合わせてみます。カチッと音がして一対の貝になったとき、内側の絵をみなさんに披露します。

平成21年2月22日(日)11:00~12:00
遊美工房  (713-8122 倉敷市玉島中央町1-6-21)
対 象 者  幼児から大人まで(小さいお子様は親子でご参加ください)
参 加 料  大人1人、親子は一組で3,000円(手まり寿司弁当付き)

◇第一部 おはなし 講師 岡山後楽園で貝合わせを楽しむ会会長 田中克郎
◇第二部 貝合わせ 「後楽園で貝合わせを楽しむ会」の皆さんの指導のもとに楽しみます。
今回使用する貝(蛤)48枚は、画家の時実月夜氏に制作を依頼、貝桶は、木工作家の川月清志氏に制作を依頼しました。



                                着物でお越し頂ければ
                                  無料で写真を撮って
                                    その場で差し上げます。

     





関連記事
貝合わせ | Home | ひいな遊美展

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。