スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉島を活ける-陶器問屋ふたたび

2013年
倉田安敏先生の花展で同時開催をお願いしたのは、
明治16年創業、玉島で陶器・漆器などの卸問屋を商われていた
安藤さん(現在の安藤嘉助商店)の蔵に残る器の展示販売です。

また同じく玉島で今年スタートしたばかりのIDEA R LABさんに
器のセレクトはご協力頂きました。ここで少しご紹介します。
PA100321.jpg  PA100341.jpg  PA100385.jpg

PA100376.jpg  PA100374.jpg  PA100370.jpg  PA100379.jpg

PA100366.jpg  PA100358.jpg  PA100354.jpg  PA100343.jpg

昭和テイストたっぷりの器たち。
大量生産品ながら、まだまだ手仕事がいきていた時代。
デザインにも大らかさやユーモアを感じることが出来ます。
ご厚意により、300円、600円など破格のお値段をつけさせて
いただいています。花展と同じく10月26日27日28日のみの
開催となります。是非、懐かしい器を手にとってご覧ください。

安藤嘉助商店ホームページ→http://www.kasuke.co.jp/
IDEA R LABホームページ→http://www.idea-r-lab.jp/

IMG_20131010202339d98.jpg

花師 倉田安敏-玉島を活ける
2013年10月26日(土)・27日(日)・28日(月)
10:00-17:00
遊美工房(倉敷市玉島中央町1-6-21)駐車場あり
関連記事
滞在制作2013_#02 | Home | 花師 倉田安敏―玉島を活ける
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。